カテゴリー別アーカイブ: 通院事例

当院に交通事故のむち打ち治療で通院されている患者様の事例をご紹介します。

通院事例

名前:Aさん

年齢:40代

職業:自営業

事故日:7月

事故の状況:赤信号停止中後ろから追突

過失割合:0:10

7月に事故に遭われ、整形外科で治療を受けたが、症状が悪化し、8月に当院に来院。

負傷部位は頸椎捻挫、腰部捻挫で、症状は首に突っ張り感、頭痛、可動域制限、圧痛、運動痛あり。

相談内容

職業が自営業のため、病院との時間がなかなか合わないので、整骨院の併用治療を希望されたが、相手の保険会社の担当から医者の同意書がないと認められないとのこと。医師に整骨院での治療同意書の許可は得られなかった。

問題のポイント

医師に同意ないでは整骨院での通院は不可能なのか。

金融庁HP

http://www.fsa.go.jp/news/newsj/13/hoken/f-20011213-1.html

①平成13年金融庁・国土交通省告示第1号(2ページ目の⑧)自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準。柔道整復等の費用→免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。

上の通り、法律上医師の同意なしでも整骨院での通院は可能です。

被害者請求

被害者請求とは、被害者が自ら自賠責会社に請求することをいいます。

Aさんの場合、保険担当者が整骨院への通院を拒否しているため、病院しか行けない状態です。ただAさんは多忙でなかなか病院に行けない状態で、このままだと、怪我の治療はもちろん、通院ができないので、慰謝料も増えないでしょう。慰謝料の計算(通院日数×4200円×2)本来なら加害者の加入している任意保険会社が自賠責保険手続きを代行し一括で支払う「一括支払い制度」で補償していまが、Aさんのように保険会社とのトラブルの場合その一括制度を解除して被害者請求をした法がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故事例

 

みなさん、こんにちは。

神戸市垂水区名谷町のむち打ち治療専門チョウ鍼灸整骨院です。

交通事故による頸椎捻挫の患者様の症例をほご報告します。

患者様:名谷 40代女性

事故日:27年4月2日  初診日:27年5月13日

事故の状況:割り込み車に追突

 

症状:首の可動域制限。頭痛。吐き気。

交通事故に遭われ病院でむち打ちと診断され、整形外科でリハビリを一か月間受けたが、

症状が改善されず本院に来院。

首の筋緊張が激しくて、手技を行う事が出来ない状態でした。保険の担当者と話あって、

針治療を開始することになり、針治療と電気を併用

一週間経過して頭痛と吐き気は改善されたものの、まだ筋緊張が残っており、首の可動域が制限

が残存

二週目から柔道整復術の手技を加え、手技+針+電気療法を開始

治療期間3か月でむち打ち完治しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤信号で停車中に追突されてむち打ち

名谷にお住いのAさん。
交差点で赤信号の停車中に、前方不注意の車に追突されてむち打ちになりました。
当院に通院されて、ケガの治療はもちろん、保険屋さんとの交渉などを解決することができた事例をご紹介します。

6か月の通院を保険会社が認めてくれた

むち打ちの通院は一般的に3か月から6か月といわれていますが、むち打ちの症状がひどかったので、一度は症状固定を迫られましたが、保険会社にお願いして、6か月の通院を認めてもらいました。

慰謝料を弁護士に無料相談した

保険会社から提示された慰謝料は果たして適正な額が不安だったので、整骨院の先生のお知り合いの弁護士の先生に無料相談をしました。適正な金額を提示されていたようで安心しました。

チョウ鍼灸整骨院の感想

交通事故に遭うまでは整骨院に行ったことが無かったので不安でしたが、チョウ先生の人柄がとても優しく、治療技術も確かでしたので、安心して半年間通う事ができました。
これからも肩こりの悩みがあるので、通ってみたいと思います。