交通事故の相談について

こんにちは。垂水区で交通事故治療・むち打ち治療を専門的にやっております、チョウ鍼灸整骨院です。交通事故は安全運転をしてもなります。急に交通事故に遭われて、ないをどうすればいいか、これからどう行動すればいいか、わからない方がほとんどだと思います。交通事故に遭われて泣き寝入りしないための知識を身につけないといけません!! 交通事故に遭ったとき、対処方法は とても複雑にみえますが、どう行動すればいいか解決までの流れを簡単に説明させていただきます。

1.事故直後

交通事故に遭ったらまず,必ず警察を呼びましょう。警察が現場確認を行い,現場の状況について,書類で残すように動くことになります。衝突により、打撲、捻挫など怪我がある場合、病院で診断症をちゃんともらってください。事故直後は気が高ぶって痛みが感じないときもありますが、数日後症状が表れる場合もあります。

2.治療

事故直後に病院の診断症に基づいて治療を行います。怪我で仕事はいけない場合、保険会社から休業損害を請求することも可能です。交通事故による怪我(特にむち打ち)の場合は症状があったりなかったらり、あと後遺症が残りやすいです。一般的に半年間治療は可能ですので、できるだけ治療に専念してください。(半年以上は症状固定となります)治療は整骨院(接骨院)でも可能です。自賠責保険が適応され、負担額0円で治療できます。病院での治療物理療法(干渉波 牽引 温熱療法)と整骨院での手技療法を併用すれば治療効果は高いと思います。

3.示談交渉

治療が終了した後保険会社との間で損害賠償額算定のための示談交渉をします。保険会社は,保険会社内部の基準に従い示談金の提示を行ってきます。被害者は,保険会社の提示した示談金で示談するかどうかの判断を迫られます。ただ保険会社から提示される示談金の金額は,裁判基準と比して非常に少ないです。自分は入っている保険に弁護士特約が入っていれば弁護士費0円で弁護士を使えますので、示談の際には自分の任意保険に弁護士特約があるかないか確認したほうがいいです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA